タイ料理のプー・パッ・ポン・カリーとは、卵とじの蟹カレー炒めであり、卵の食感を生かしたピリ辛料理です。

タイ料理と言えば生春巻き

タイ料理というとプー・パッ・ポン・カリーとは?

タイ料理と言えば生春巻き タイ料理というと代表的なもので、トムヤムクンというスープがありますが、これ以外にもタイらしい料理があります。それは、プー・パッ・ポン・カリーという料理で、この料理というのは、渡り蟹のカレー炒めの料理というと、わかりやすい料理になります。その料理には、卵のふわふわ感が出るように作ることがコツで、そこにピリ辛が利くようにすることで、味にアクセントができることで、深みが出る料理になります。ここで、使用するピリ辛の秘密というのは、タイ料理で使用するナムプリック・パオという調味料を使用することで、その料理にでる辛さであります。それに、このプー・パッ・ポン・カリーというのは、ナムプリック・パオの油を大量に使用する料理でもあります。

さて、このタイ料理のプー・パッ・ポン・カリーを作るには、蟹、卵、カレー粉、砂糖、ピーマン、たまねぎ、セロリ、ココナッツミルク、ナムプリック・パオ、オイスターソース、ナンプラーなどを使用し料理します。まずは、以上の食材を使った作る事になりますが、まず、最初に、蟹をぶつ切りにしたものを用意した野菜ともに、カレー粉やナムプリック・パオ、オイスターソース、ナンプラー、ココナッツミルクを入れて炒めていき、最後に卵を半熟にしたものを混ぜ合わせ、隠し味に砂糖を使って出来上がる料理になります。


Copyright(c) 2017 タイ料理と言えば生春巻き All Rights Reserved.