タイ料理のトムヤムクンは、エビの中心にベースにあるスープから、多様な具材とスープで、変化がつけやすく手軽です。

タイ料理と言えば生春巻き

タイ料理で知名度があるトムヤムクンとは?

タイ料理と言えば生春巻き タイ料理で知らない人がいないほど日本人には、馴染みのあるスープであり、世界三大スープの一つといわれているスープであったりします。では、このトムヤムクンというのは、どのような意味のある言葉かというと、「トム」というのは、煮るという意味で、「ヤム」というのは、混ぜるという意味があり、「クン」というのは、エビという意味があったりします。この言葉が示すように、エビの食材をブイヤベースをベースにしたスープであり、今日は、その食材もいろいろなものを入れていたりして、カラフルな装いをもっている料理と、かわりつつあるところがあります。また、このようなところから、食材が、イカや鶏肉になったりしています。

また、このトムヤムクンというのは、その汁が濁っているタイプと濁っていない汁というように、2つに大きく分けることができます。先にも書きましたが、具にはエビを使うことで、その名前が付いているのですが、日本では、その意味というのが、あまり反映していないところもあって、いろいろなものが具として、そのスープに入っていたりしています。そのために、スープのベースになるものも、味噌汁のような味噌をベースにしたものも出来たりするところから、手軽さがあったりしています。


Copyright(c) 2017 タイ料理と言えば生春巻き All Rights Reserved.