タイ料理は、辛味と酸味、甘味などが多彩に組み合わさった味付けが特徴で、日本で手に入る材料で作ることができます。

タイ料理と言えば生春巻き

タイ料理の説明と材料などについて

タイ料理と言えば生春巻き タイ料理とは、東南アジアのタイの料理のことです。周辺国である中国やミャンマー、カンボジアやラオスなどの料理の影響を受けており、香辛料や香味野菜、ハーブなどを多用することで香りを際立たせ、辛味や酸味、そして甘味などを多彩に組み合わせた料理であることが特徴として挙げられます。食材は、肉類は豚肉、鶏肉がメインで、その他にはアヒル肉などが食され、日本ではおなじみの牛肉の消費量はとても少ないです。魚は、沿岸部以外では川魚が中心で、その他にはエビ、カニ、イカ、二枚貝などが利用されます。その他、野菜、果物も料理に使用されます。

先に挙げた食材を調味料で味付けすることでタイ料理が出来上がるわけですが、やはりポイントはこの調味料になります。タイ料理の味付けの基本は、魚醤と呼ばれる調味料です。ナンプラーとも呼ばれている魚醤は、魚を塩漬けにし、発酵させて出来上がる、いわば魚の醤油とも言うべき液状の調味料ですそしてもうひとつ、タイ料理の味わいのひとつである辛味を加えるためには、とうがらしなどをはじめとする香辛料は欠かすことができませんし、香りを付け加えるためのにんにくも必要です。そして酸味を演出するためにはライム、レモンなどの果物も必要です。つまり、極端に言ってしまえば、これらの調味料、香辛料があれば、『本格的』とまではいかなくても『それなりの』タイ料理を作ることは可能と言うわけです。

そして魚醤、とうがらしなどの香辛料、香りのにんにく、ライムなどの酸味を演出する果物の果汁を合わせた調味液があれば、たとえば鶏肉や豚肉の揚げたものに、たとえばコンソメ味のスープに、あるいは白いご飯に、それを少しかけるだけで、タイ料理の出来上がりとなります。この調味液の作り方はとても簡単で、辛味や香りを際立たせるために細かく刻んだとうがらし、にんにくを魚醤の中に入れ、そしてそこにライムのしぼり汁を加えるだけで出来上がりです。魚醤は、現在では一般的なスーパーなどでも売られています。このように、日本にいても手に入る材料で、実は簡単にタイ料理を楽しむことができるのです。

注目のキーワード



Copyright(c) 2017 タイ料理と言えば生春巻き All Rights Reserved.